MENU

【写真スポット】「円照寺」の「幻の彼岸花」ってご存知?|兵庫 加古川市

どうも、けすけ|バイク跨って写真撮る人 (@keeesk7)です。

 

9月も中旬から下旬に入り秋が少しずつ訪れていますね。

みなさん、写真撮ってますか?

 

秋と言えば「紅葉」ですが、まだ紅葉は早いですね。

夏でもなけれんば、秋でもないこの微妙な季節は被写体選びに苦労しますよね。

 

今回紹介するのが今まさに見頃を迎えている「彼岸花」です。

ただの彼岸花ではなく「幻のピンク彼岸花です!

 

嘘くさ〜って思うその気持ちわかります。

「幻のピンク彼岸花」を見るためカメラマンが毎年集結するようです。

 

過去写真ですが、僕も一度撮影に行ったことがあるので当時の写真を今回は紹介しようと思います。

彼岸花

今回の写真は全てjpeg撮って出しです。

レタッチは一切行っていません。

富士フイルム本来の色味を楽しんでください。

 

 

富士フイルムの色味はいかがでしたか?

レタッチなしでこの色味惚れ惚れしませんか?

撮影で使用したカメラは型落ちの「X-T2」(発売日:2016年9月6日)、キットレンズの標準ズームレンズの「XF 18−55mm」という普通の組み合わせでした。

 

ピンク彼岸花はギリ撮影できましたが、見頃は過ぎていたようです…

こればかりはタイミングなので仕方ないですね。

花の寺 円照寺

兵庫県加古川市にある「円照寺」

髪はクリスマスローズ・ツバキ、夏はアジサイノウゼンカズラ、秋は彼岸花などの名所とし3月から10月まで咲き続けることから「花の寺」とも呼ばれています。

 

そのなかでも彼岸花7色・白・ピンクオレンジブルー)約2000本が咲きます。

7色全てが開花するわけではなく不開花の年もあるようです。

「幻のピンク彼岸花」は14本とかなり希少性が高くその姿が見れるかは行ってみないとわかりません。

 

 

使用したカメラ / レンズ

カメラ:富士フイルム XーT2

レンズ:XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS