MENU

【バイク】エアフィルターを純正に戻したらなんかいい感じになった!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

どうも、けすけ|バイク跨って写真撮る人(@keeesk7)です。

 

5月に入り一気に気温が上がり熱中症にも気をつけないといけない季節になりましたね。街中でバイクを見かける頻度が増えました。まだ今年に入ってツーリングに行けていない僕には羨ましい限りです。

 

快適にバイクライフを楽しむために日々のメンテナンスが重要ですよね。

サビやエンジンオイル、チェーンなど交換・清掃する箇所はたくさんありますが、今回はエアエレメント・エアフィルターのお話です。エアエレメント・エアフィルターの掃除?ピンっとこない人もいるかもしれませんが、過去に「純正エアエレメント」が原因でキャブレターをオーバーフローさせた苦い経験があります(汗)

www.motorcamera.jp

「K&Nエアフィルター」はフィルタータイプなので純正のスポンジタイプのようにボロボロにならずキャブレターがオーバーフローする心配はありません。しかし、汚れないわけではないので、定期的に洗浄・清掃する必要はあります。その方法はブログで解説しています。

www.motorcamera.jp

交換後や洗浄・清掃後はエンジンの始動も良くて調子がよかったのです。しかし、冬や気温が低くなるとエンジン始動が悪く信号待ちでエンストしてしまうこともありました。「K&Nエアフィルター」に変更した後はキャブのセッティングが必要と記載されていましたが、交換前の状態で乗り続けていたのが原因だと思います(汗)絶対それだよね!

 

ということで、「純正エアエレメント」へ戻してみて乗り味や燃費などみていきます。

YAMAHA純正エアエレメントへ

スポンジタイプのエアエレメントをそのまま取り付けてるはNGです!

フィルターオイルに浸して全体的に馴染ませる必要があります。

空気中の細かなゴミをキャッチしてくれエンジン内部への侵入を防ぎエンジンを守ってくれます。

では、ちゃちゃっと交換していきましょう!

サイドカバーを外します。

エアクリーナーボックスを開けます。

K&Nのフィルターを外します。

はい、丸裸!

グリスが残っているので綺麗に拭き取ります。

一応しっかり取り付け可能か仮付け。

 

 

フィルターオイルって青色なんですね!

ジップロックに少しずつ入れて全体に馴染ませると手が汚れなくていいですよ。

オイルを馴染ませている間にエアクリーナーボックスまでアクセスしていきます。

オイルを絞って取り付けます。

純正なのでポン付けです。

純正に戻して変化はあった?

交換直後はエンジン始動悪く空気が足りてないような感じてした。フィルターオイルの絞りが甘かったのかもしれません(汗)

通勤3日にはすんなりとエンジン始動してくれ、エンストもなく吹け上がりもイイ感じです。心なしか音も良かったような“気”がします(笑)

低速トルクや加速性などはあまり変わってないと思います。

しかし、以前のような信号待ちでエンストする心配もないのでストレスフリーでバイクに乗ることができているのでOKです!

純正って安心するね。

「K&Nエアフィルター」がダメだったと言うわけではないですよ。

キャブレターのセッティングをしていれば調子も良かったんだと思います。僕がメンテナンスを怠ったのが悪いんです...

燃調のセッティングができないのであれば、バイク屋さんにお願いするか、純正を使うのが一番ですね。これも1つの経験ですね。失敗や成功を繰り返すことで愛車への愛着が湧くので、結果オーライということにしましょう(笑)

 

さて、バイクの調整も終わったし久しぶりにツーリングへ行きたいな。

早く行かないと梅雨になっちゃうよ(汗)