MENU

【アクセサリー】富士フイルムから三脚グリップ「TG-BT1」を発表!

どうも、けすけ|バイク跨って写真撮る人です。

 

富士フイルムからXシリーズに対応した三脚グリップが発表されました。(X-Hシリーズは2023年1月対応予定)

ノーマークだったので発表を聞いたときは正直驚きました!

 

ボディ内手ぶれ補正を搭載したカメラが続々登場しい写真だけでなく動画撮影機としても注目を集めている富士フイルムとっていい戦略だなと純粋に思いました。

www.motorcamera.jp

www.motorcamera.jp

 

Bluetoothで接続できてリモート撮影やズームレンズの操作も可能なのでハイスペックと言えばハイスペックなのですが、ユーザーの価値観によってお値段がね高いと思うか適正価格と思うか意見が分かれそうです。

僕は高いと思ってます(笑)

 

では、スペックやポイントを紹介していきます!

三脚グリップ TG-BT1

youtu.be

以下は富士フイルムの公式ページからの転載になります。

「TG-BT1」は、三脚機能を備えたグリップアクセサリーで、デジタルカメラ「Xシリーズ」に装着することで撮影時の機動性とホールド性を高めます。また、カメラのポジションの維持が難しい、自分撮りやローアングル撮影などで快適な撮影をサポート。さらに、三脚として活用することにより、グループ撮影やテーブルフォトなどの幅広いシーンで撮影をお楽しみいただけます。このほか、「TG-BT1」とそれに対応するカメラをBluetoothでペアリングすることで、リモート撮影を可能とし、より自由度の高い撮影を実現します。

 

製品型番

TG-BT1

希望小売価格

税込

38,500円
発売日 2022年12月15日
制限重量

1.5kg以下

カメラやレンズ、装着品の総重量

サイズ 収納状態:
48.0mm x 172.3mm x 38.3mm

三脚状態:
145.9mm x 132.3mm x 163.4mm
(突起物を除く)

重量

約205.5g±10%

(電池含まず)

対応機種

X-T5 / X-T4 / X-T3

X-T30II / X-T30

X-H2SX-H2は2023年1月のファームアップにより対応予定。

幅広い撮影に対応!

グリップの上部が上下180°左右360°可動し、多彩なカメラアングルに対応。

セルフィーローアングル撮影90°上下方向に調整することで俯瞰スタイルで撮影が可能となっています。

グリップを広げることで三脚としても使えるので、定点カメラとして作業動画やリモートカメラとしても使用可能に。

Bluetooth経由でリモート撮影が可能

「TG-BT1」に対応するカメラとペアリングすることで、リモートで静止画・動画撮影が可能になります。また、電動ズーム機能を搭載したレンズを装着すると、「T/Wボタン」で操作することも可能に!

タフネスとコンパクトを両立

  • トラベルアイテムとして最適なサイズ感を実現
  • 防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用し、アウトドアシーンでも使用が可能に!
  • 最大1.5kgの耐荷重により、コンパクトサイズならもしっかりとカメラ・レンズを固定!

 

www.motorcamera.jp

【写真スポット】日本最大級の吊り橋!大阪に紅葉名所『星のブランコ』。

どうも、けすけ|バイク跨って写真撮る人です。

 

今回は大阪にある絶景紅葉スポットを紹介します。

大阪にあって大阪ではないような景色が楽しめる交野市にある『星のブランコ』。

 

吊り橋からの眺める360度パノラマ紅葉は圧巻の一言です!

紅葉を上から眺めることができる珍しいスポットです。

雑誌やTVにも取り上げられており、その眺めは折り紙付きです。

 

11月下旬〜12月初旬が見頃なので、今がチャンス!

ほしだ園地

o-wonderforest.com

入園料は無料。

ただし、駐車場料金は1時間200円となっています。

営業時間は休園日を除く9:00〜17:00、休園日は火曜日と年末年始(4・5・10・11月は火曜も無休)

 

人気が高すぎて駐車場に入れずにそのまま帰宅を余儀なくされた方もいるとか...

12月3日〜4日は大混雑しそうなので、公共交通機関の使用を勧められています。

星のブランコ

  • 橋長:280m
  • 主塔と主塔の間:200m
  • 最大地上高:50m
  • 主塔高:35.2m
  • 有効幅員:1.2m
  • 床板:米松

人道吊り橋としては、全国的にみても最大級の規模となっています。

入園してから吊り橋までのは終始坂道なのでスニーカーなど動きやすい履き物で行きましょう。ヒールなんかで行くと後悔しますよ。

 

駐車場から『星のブランコ』まで最短ルートで約20分。

舗装されたなだらかな坂道で約40分。

最短ルートはそれなりの悪路なので、体力や足腰に自信がない人100%筋肉痛確定です。

 

舗装された道ですが、ところどころ未舗装もありますのでベビーカーの利用も厳しいと思います。「ピトンの小屋」という案内所で預かりもしています。

空中散歩

THE 紅葉!

この写真結構気に入っています。

光の差し込み具合が秘境感漂っている。

ハイキングコースを40分以上かけ『星のブランコ』到着。

カメラを持ってると所要時間が普通の人よりかかってしまいます(汗)

吊り橋の骨組み。

モノクロで撮るとエモい。

定番の構図。

定番だけどそれでいい。それがいい!

見てください!この吊り橋からの眺め。

やばくないですか?

これぞ空中散歩!

展望台からの眺め!

『星のブランコ』と紅葉を一望できます。

大阪じゃないみたいじゃないですか?

小さいけど色づき加減が一番良かったです。

帰路につく人々が皆立ち止まり写真を撮っていました(笑)

本日のベストショット

星のブランコ関係ないですがこの1枚にしました(笑)

光の差し込み具合がなんとも言えねえです。

人それぞれ好みありますが、僕はこの写真が好きです!

行って損なし、撮って損なしの絶景スポット!

日本最大級の吊り橋『星のブランコ』からの眺めはいかがでしたか?

地上50mからの眺めは別格で、見渡す限り360度パノラマ紅葉を楽しめるスポットはなかなかありません!

 

 

紅葉シーズンになると周辺に仮説駐車場が設けられますが、その仮設駐車場にも入りきれないほどの人が集まり、最後まで停められず閉園を迎えることもあるみたいです...

平日であれば10〜11時くらいまでに行けば大丈夫かと思います。昼前後は駐車場に空きも少なくなってくるので早めの行動がいいと思います。

土日に訪れるのであればいろいろ覚悟が必要ですね(笑)

 

【写真スポット】有馬温泉地にある紅葉の名所『瑞宝寺公園』

どうも、けすけ|バイク跨って写真撮る人です。

 

今回は、明治初期に廃寺になった黄檗宗瑞宝寺の跡地を、神戸市が1951年に公園として整備した太閤秀吉愛用の石の碁盤があるという、兵庫県有馬にある紅葉の名所『瑞宝寺公園』を紹介します。

 

過去写真ですが、今見頃を迎えている『瑞宝寺公園』の紅葉をお楽しみください。

では、秋の行楽をお楽しみください!

瑞宝寺公園

本日のベストショット

紅葉と苔。

いい写真が撮れました。

いい組み合わせ!

公園内にある休憩所。

趣があっていいですよね〜

ここで栗ぜんざい食べたいな(笑)

こういう写真撮っちゃうよね〜

スマホでは出せない自然なボケが撮れるからカメラはやめられない!

紅葉見るなら朝イチがベスト!

紅葉を一目見ようと有馬温泉や遠方から多くの人で賑わいますので、できるだけ早い時間に行動することをオススメします。

コロナやインフルが流行ってきているので、人が少ない時間帯に撮影を終えてしまうのがいいでしょう。

人が少ないとその分殺意絵に集中できますしね!

紅葉写真ってムズくない?

紅葉写真って難しくないですか?

全体的な風景写真なワンパターンになってしまいがちに(汗)

 

そんなときはインスタ(僕のアカウント@keeesk7)をのタグ検索でリサーチするとイイですよ!自分では思いつかないような構図がたくさんあるので勉強にもなります。

 

瑞宝寺だけでなく、兵庫県は全体的に紅葉の見頃を迎えているのでぜひ写真ライフを!

使用したカメラ / アクセサリー

カメラ:富士フイルム X100V

アクセサリー:JJC製 ハンドグリップ

       NiSi製 UVフィルター

【写真スポット】兵庫県丹波市屈指の名刹。紅葉の名所『高源寺』

どうも、けすけ|バイク跨って写真撮る人です。

 

紅葉のシーズン到来!!!

今回紹介するスポットは、兵庫県丹波市青垣町にある「高源寺」です。

毎年雑誌にも特集されるほど有名な名所です。

 

紅葉の時期はコチラの画像を見て確認してください。

過去写真ですが、名所の紅葉をぜひ最後まで見て行ってください!

 

名刹の紅葉

紅葉!

青空に朱い葉が映えてます。

わかりますか?

少し散ってしまっていることに...

ピークから1週間経ってますが、それでもこの紅葉。さすが名所!

屈指の名刹

と言われていることもあり、紅葉以外にも見どころ満点です。

名刹」って何かわかりますか?

「有名なお寺」という意味です。お寺だけでなく山全体の雰囲気がよかったです!

苔グラファー。

苔っていいですよね〜

綺麗な場所には綺麗な苔が生える!

逆光だけど雰囲気のある1枚。

真ん中にバイク置いて撮影して〜

夕日が差すとさらに朱みが増して雰囲気が出ますね。

丹波の山奥ということもあり、高齢者の方の割合が高く地域の人々に親しまれているんだなと感じました。

都内の有名スポットもいいけど、田舎特有の名刹もいいですよね。

これはベストショット確定!

建物の中から漏れた煙に、夕日が差し込んだ1枚。

陰影もいい感じ!

「三重塔」

中は「輪蔵」という作りで、経典が収められています。

この鐘楼は昭和22年に作れたものです。

歴史的価値があり、鐘を自由に鳴らすことができます。

お二人のお話がとても素敵でした。

男性「今度はスマホじゃなくて一眼を持って来たいね。」

女性「じゃあ、どっちが上手に撮れるか勝負だね!」

なんて素敵な会話なんだ。ほっこりした気持ちになりました。ごちそうさまでした!

緑の葉も多くありました。

この葉はこれから朱くなっていくのかな?

本日のベストショット

紅葉ではありませんが、この写真が一番のお気に入り。

紅葉を背景に撮れればさらによかったな〜

夕日の差し込み具合がほんとにいいですね!

リサーチは大事!

紅葉写真って結構難しいですよね。

ただ葉を撮ればいいってわけではく、どう魅せるか構図が大事になってきます。

事前にSNSで紅葉の写真の撮り方などを予習しておくと撮影時はとても助かりますね。

 

山開きの直後に行けばもっと紅葉感のある写真が撮れたのに残念でした。

名所なので渋滞で混雑することが予想されます。

前日に車中泊して朝イチで写真を撮って人が増える頃合いに帰る作戦もいいかなと思います。

 

富士フイルムの色味と自然風景との相性は最高です。

JPEG撮って出しでも十分通用するレベルです!

富士フイルムのカメラ1台どうですか(笑)

使用したカメラ / レンズ

カメラ:富士フイルム X-T2

レンズ:XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

【レンズ】SIGMA「18−50mm F2.8 DC DN」の供給不足をアナウンス…

どうも、けすけ|バイク跨って写真撮る人です。

 

残念なお知らせというか十分予測できた内容ですが、シグマのXマウント用レンズ「18−50mm F2.8 DC DN | Contemporary」の供給不足をアナウンスしています。

 

11月14日から予約を開始し12月2日の発売を予定していましたが、予想を上回る注文が殺到し供給が追いつかない状況となっているようです。

 

平素はシグマ製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

2022年12月2日(金)に発売を予定しております「SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary 富士フイルムXマウント用」におきまして、弊社の予想を上回るご注文をいただき、生産がご要望に追いつかない状況となっております。そのため一部のお客様には、製品がお手元に届くまでにお時間をいただく場合がございます。

製品をお待ちいただいているお客様および、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますが、現在、鋭意生産に努めておりますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。
今後とも弊社及び弊社製品のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

製品名 :SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary 富士フイルムXマウント用
バーコード :0085126 585754
希望小売価格(税込):73,150円

 

重量的にも後発であるシグマ製レンズに軍配が上がり、機能性を重視するユーザーにとっては有力な選択肢となっていました。

純正レンズと比較しても価格差も大きくなくお手頃な価格となっています。

 

現時点では、納期の目処は立っていないのか案内はありません。

半導体不足など様々な要因も関係していると思うので通常通りになるのはまだまだ先になりそうですね(汗)

 

www.motorcamera.jp

【レンズ】SIGMA Xマウント用レンズ「18−55mm F2.8 DC DN」の発売日と価格が公開!

どうも、けすけ|バイク跨って写真撮る人です。

 

SIGMA富士フイルム用Xマウントレンズ「18-50mm F2.8 DC DN Contemporary」の発売日が判明しました。

 

SIGMA「18-50mm F2.8 DC DN Contemporary」と純正レンズ「XF 18−55mm F2.8-4 R LM OIS」をスペック比較した記事はコチラからご覧ください。

www.motorcamera.jp

 

発売日と価格は?

  • 発売日:2022年12月2日
  • 価格:73,150円

 

使いやすい標準ズーム「18−50mm(35mm換算で27−75mm)」でありながら、F2.8通しというハイスペック。

ステッピングモーターを搭載し、俊敏で静寂なAFで静止画だけでなく動画撮影にも重宝ししそうな1本に仕上がってます。

スペック比較

 

18-50mm F2.8 DC DN

Contemporary

XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

発売日

2022年12月2日

2012年11月17日

価格(Amazon)

73,150円

(X マウント)

71,015円
レンズ構成 10群13枚 10群14枚
焦点距離

18-50mm

35mm換算:27-75mm

18-55mm

35mm換算:27-84mm

絞り開放 F2.8 F2.8-F4
最小絞り F22 F22
絞り羽枚数 7枚(円形絞り) 7枚(円形絞り)
最短撮影距離 12.1-30cm 60cm
サイズ

φ61.6mm × 76.8mm

φ65.0mm × 70.4mm
重さ 285g 310g
フィルターサイズ φ55mm φ58mm

 

今から10年以上前に発売された純正レンズを選ぶか、SIGMAを選ぶか悩ましいところですね。

 

簡易防塵防滴構造となっており、マウント部にゴムのシーリングを採用しマウント部へのゴミなどの侵入を防ぐ構造となっています。

 

選択肢が増えることはいいことだ!

富士フイルムユーザーとしてはレンズの選択肢が増えることは良いことだと思っています。

新規ユーザー獲得はもちろんのこと、既存のユーザーにとってもメリットしかありません。

 

これまでは16mm、30mm、56mmの単焦点のみのラインナップでしたが、今回初めてズームレンズが追加されました。

個人的には望遠レンズを安価に追加して欲しいと欲張りながら思っています。

100-400mmで純正よりも安価で出してくれれば絶対に買います!

 

お願いします!シグマさん!

【レンズ】富士フイルム3本目となる「XF 30mm F2.8 R LM WR Macro」が発表!

どうも、けすけ|バイク跨って写真撮る人です。

 

11月2日に富士フイルムの新製品発表会「X Summit TOKYO 2022」YouTube上で開催されました。

 

発表会でかねてより噂されていた「X-T5」「XF 30mm F2.8 R LM WR Macro」を正式に発表しました。

 

今回は「XF 30mm F2.8 R LM WR Macro」を詳しく紹介していきます。

「X-T5」についてはこちらの記事をどうぞ!

www.motorcamera.jp

XF 30mm F2.8 R LM WR

youtu.be

発売日

2022年11月25日
希望小売価格 97,900円
型番

フジノンレンズ

XF30mm F2.8 R LM WR Macro

レンズ構成

9群11枚

非球面レンズ3枚、EDレンズ2枚

焦点距離 f=30mm(46mm)
画角 50.7°

最大口径比

開放絞り

F2.8
最小絞り F22
絞り羽根

9枚(円形絞り)

1/3ステップ(全19段)

最短撮影距離

撮像素子面からの距離

0.1m
最大撮影倍率 1倍
サイズ Ø60mm×69.5mm
重量 195g
フィルターサイズ Ø43mm

富士フイルム3本目となるマクロレンズ

すでに「XF 60mm F2.4 R Macro」と「XF 80mm F2.8 R LM OIS WR Macro」があり、3本目のマクロレンズが登場しました。

 

この3本の中でも、XF30mmは最短撮影距離が0.1mと一番近くなっています。(焦点距離が違うから当然と言えば当然か)

 

鏡面の9箇所にシーリングを施し防塵・防滴・−10度の耐低温構造となっています。

 

マクロで撮影すると写真の腕が上がったと錯覚するほど撮れる写真に違いが生まれるので、1本あるとかなり使い勝手いいのでオススメ!

【カメラ】富士フイルム「X-T5」を正式発表!約4020万画素+最新画像エンジンを搭載!

どうも、けすけ|バイク跨って写真撮る人です。

 

2022年11月2日に富士フイルムの新製品発表会「X Summit TOKYO 2022」がYouTube上で開催されました。

 

そこでかねてより噂がされていた「X-T5」「XF 30mm F2.8 R LM WR Macro」を正式に発表しました。

 

今回は「XーT5」を詳しく紹介していきます。

 

富士フイルム X-T5

youtu.be

商品名 FUJIFILM XーT5
レンズマウント FUJIFILM Xマウント
撮像素子

23.5mm×15.7mm (APS-Cサイズ)

X-Trans CMOS 5 HRセンサー

原色フィルター採用

有効画素数 約4020万画素
センサークリニング 圧電素子による超音波方
画像処理エンジン X-Processor 5
記録メディア

SDメモリーカード (~2GB)

SDHCメモリーカード (~32GB)

SDXCメモリーカード (~2TB)

UHS-I対応 / UHS-II対応

ビデオスピードクラスV90対応

静止画記録方式

DCF / JPEG

RAW / TIFF

HEIF

記録画素数

L

〈4:3〉 6864 x 5152 /〈3:2〉 7728 x 5152

〈16:9〉 7728 x 4344 / 〈1:1〉 5152 x 5152

〈5:4〉 6432x5152

 

M

〈4:3〉 6864 x 5152  /〈3:2〉 7728 x 5152

〈16:9〉 7728 x 4344 /〈1:1〉 5152 x 5152

〈5:4〉 6432x5152

 

S

〈4:3〉 3464 x 2592 /〈3:2〉 3888 x 2592

〈16:9〉 3888 x 2184 /〈1:1〉 2592 x 2592

〈5:4〉 3264x2592

パノラマ撮影時

L:(縦) 9600 x 2160 (横) 9600 x 1440

M:(縦) 6400 x 2160 (横) 6400 x 1440

デジタルテレコンバーター 2.0x / 1.4x / OFF
撮像感動

静止画

標準出力感度: AUTO1 / AUTO2

AUTO3 / ISO125~12800 (1/3step)

拡張モード: ISO64 / ISO80

ISO100 / ISO25600 / ISO51200

 

動画

標準出力感度: AUTO / ISO125~12800 (1/3 step)
拡張モード: ISO25600

測光方式 TTL256分割測光 / マルチ / スポット / アベレージ / 中央重点
露出制御

P (プログラムAE) / A (絞り優先AE)

S (シャッタースピード優先AE)

M (マニュアル露出)

露出補正

静止画

-5.0EV~+5.0EV 1/3EVステップ

 

動画

-2.0EV~+2.0EV 1/3EVステップ

手ぶれ補正

センサーシフト方式5軸補正

7.0段

電子防振:あり

ブレ防止モードブースト:あり

シャッター方式 電磁制御式縦走りフォーカルプレーンシャッタ
カニカルシャッター

Pモード: 30秒~1/8000秒

Aモード: 30秒~1/8000秒

S/Mモード: 15分~1/8000秒

バルブ: 最長60分

電子シャッター

Pモード: 30秒~1/180000秒

Aモード: 30秒~1/180000秒

S/Mモード: 15分~1/180000秒

バルブ: 1秒固定

電子先幕シャッター

Pモード: 30秒~1/8000秒

Aモード: 30秒~1/8000秒

S/Mモード: 15分~1/8000秒

バルブ: 最長60分

カニカル+電子シャッター

Pモード: 30秒~1/180000秒

Aモード: 30秒~1/180000秒

S/Mモード: 15分~1/180000秒

バルブ: 最長60分
※メカシャッターの上限は1/8000秒

フォーカス

モード

シングルAF / コンティニュアスAF / MF (リング回転式)

 

AF方式

インテリジェントハイブリッドAF

(TTLコントラストAF / 位相差AF)

 

低輝度性能

コントラスト: -4.0EV XF50mmF1.0装着時
位相差: -7.0EV XF50mmF1.0装着時

 

AFフレーム選択

シングルポイントAF: 13x9 / 25x17のエリア選択

フォーカス枠サイズ可変
ゾーンAF: 13x9の117エリアより3x3 / 5x5 / 7x7選択
ワイド/トラッキングAF

あり(AF-S:ワイド / AF-C:トラッキング)
オール: あり

 

顔・瞳検出機能:あり

被写体検出機能

あり(動物/鳥/クルマ/バイク&自転車/飛行機/電車)

アクセサリーシュー

あり

TTLフラッシュ対応

ファインダー

EVF: 0.5型有機ELファインダー 約369万ドット
視野率: 約100%
アイポイント: 約24mm (接眼レンズ最後尾から)
視度調整範囲: -5~+3m-1
ファインダー倍率: 0.80倍

(35mm判換算50mmレンズ、 無限遠、 視度 -1.0m-1のとき)
対角視野: 約39° (水平視野:約32°)
アイセンサー付き

液晶モニター 3.0型3方向チルト式タッチパネル付きTFTカラー液晶モニター
アスペクト比: 3:2
ドット数: 約184万ドット
タッチパネルモード

撮影時

ショット / AF / フォーカスエリア選択 / OFF

ダブルタップ拡大(ON/OFF)

タッチファンクション(ON/OFF)

タッチズーム(ON/OFF)

EVFタッチパネル有効範囲

全面、右半分、右上、右下

左半分、左上、左下、OFF

 

再生時

スワイプ

マルチタップ (ピンチアウト、 ピンチイン)

ダブルタップ / ドラッグ

フィルムシミュレーション

19モード

PROVIA/スタンダード、Velvia/ビビッド、ASTIA/ソフト

クラシッククローム、PRO Neg.Hi、PRO Neg.Std

クラシックネガ、ノスタルジックネガ、ETERNA/シネマ

ETERNAブリーチバイパス、ACROS

ACROS+Yeフィルター、ACROS+Rフィルター

ACROS+Gフィルター、モノクロ

モノクロ+Yeフィルター、モノクロ+Rフィルター

モノクロ+Gフィルター、セピア

モノクロームカラー あり
グレイン・エフェクト

強度

強 / 弱 / OFF

 

粒度

大 / 小

カラークローム

エフェクト:強 / 弱 / OFF

ブルー:強 / 弱 / OFF

スキームスキン・エフェクト 強 / 弱 / OFF
ダイナミックレンジ

静止画 / 動画

AUTO / 100% / 200% / 400%

ISO感度制限: DR100%: 制限なし

DR200%: ISO250以上、DR400%: ISO500以上

ホワイトバランス

オート:ホワイト優先 / AUTO / 雰囲気優先

 

カスタム:1〜3

 

色温度選択:2500K〜10000K

 

プリセット

晴れ / 日陰 / 蛍光灯1 / 蛍光灯2 / 蛍光灯3 / 電球 / 水中

明瞭度 ±5段階
セルフタイマー

静止画:10秒 / 2秒

動画:10秒 / 5秒 / 3秒

インターバルタイマー

あり (撮影間隔、 撮影回数、 開始時間設定

インターバルタイマー撮影露出平準化、撮影間隔優先)

Bluetooth

Bluetooth Ver. 4.2

使用周波数:2402〜2480MHz

入力端子

USB Type~C(USB3.2 Gen2x1)

HDMIマイクロ端子(Type D)

ø3.5mmステレオミニジャック(マイク用)

ø2.5mmリモートレリーズ端子

ホットシュー

シンクロターミナル

電源

充電式バッテリーNP-W235

静止画撮影可能枚数 エコノミーモード時: 約740枚
ノーマルモード時: 約580枚
※XF35mmF1.4R使用時
実撮影電池寿命 6.2K: 約90分(29.97p時)
4K: 約80分(59.94p時)
Full HD: 約90分(59.94p時)、約100分(120p時)
※顔検出OFF時
連続撮影電池寿命 6.2K: 約130分(29.97p時)
4K: 約130分(59.94p時)
Full HD: 約150分(59.94p時)
※顔検出OFF時
サイズ 幅: 129.5mm
高さ: 91mm
奥行き: 63.8mm
(最薄部: 37.9mm)
重量 バッテリー、 メモリーカード含む: 約557g
バッテリー、 メモリーカード含まず: 約476
動作環境

温度:-10〜+40℃

湿度:10〜80%(結露しないこと)

起動時間 約0.49秒

 

フォトグラリー ファースト!



X-Tシリーズの初代モデルX-T1は2014年FUJIFILM創業80周年記念モデルとして発表されました。

5代目となる「X-T5」は、Xシリーズの原点である「小型・軽量・高画質」に拘り、写真を最優先にされました。

洗練されたデザインとブラッシュアップすると同時に、進化して第五世代デバイスを搭載し、圧倒的な高画質ながら小型・軽量なカメラへと原点回帰したXーT5が撮影をさらに自由にしてくれることでしょう。

 

原点回帰という言葉に偽りない仕上がりなっていますね。

写真をメインにするのであれば、「X-T5」一択ですね!

【カメラ】富士フイルム「X-T5」の気になる噂まとめ

どうも、けすけ|バイク跨って写真撮る人です。

 

富士フイルム「X-H2」が発売されて間もないですが、富士フイルム「X-T5」の登場が噂されています。

www.motorcamera.jp

 

そして、発表されるであろうX Summits TOKYO 2022」を目前に控えた今、改めて「X-T5」の噂をまとめてみました。

 

富士フイルム X-T5の予想画像

Fuji Rumorsより転載

Fuji Rumorsに「X-T5」の予想画像が掲載されています。

予想画像なので実物とは異なるが、実物に非常に近いものになると思われます。

これまでの「X-Tシリーズ」のデザインから大きく逸脱することはなさそうですね。

https://www.fujirumors.com/fujifilm-x-t5-mock-up-almost-perfectly-accurate-except-for/

 

ブラックとシルバーの2色が用意されている?

「X-H2」と「X-H2S」にはブラックのみしかないため、「X-T5」もブラックのみの展開になるのかと思いましたが、シルバーモデルも発売されるようです。

富士フイルムのこれまでの戦略としてブラックモデルを先に発売し、後にシルバーモデルが発売することが多く時間差がありました。

しかし、今回はブラックとシルバー常時発売になる可能性が高いようです。

https://www.fujirumors.com/answered-fujifilm-x-t5-will-come-in-black-and-silver/

 

「X-T5」は11月2日に発表される?

Fuji Rumorsより転載

富士フイルム11月2日に新製品発表会「X Summits TOKYO 2022」を公式にアナウンスしました。

そこで富士フイルム「X-T5」だけでなく「XF 30mm F2.8 Macro」が発表されると言われています。

また、富士フイルムは毎回素敵なサプライズ発表をしてくれるので、今回も何かあるかもしれません!

https://www.fujirumors.com/page/3/

 

「X-T5」は「X-T4」より小型化され同じ価格になる?

これまで「X-Tシリーズ」は少しずつサイズアップしてきました。

 

「X-T4」はIBIS(センサーシフト式手ぶれ補正)が搭載されたことによりサイズアップしてしまいましたが、「X-T5」は小型化されるようです。

 

どの程度小型化されるかはわかりませんが、「X-H2 / X-H2S」との棲み分けが明確になりそうですね。

 

価格は1699ドル。円換算で250,526円になるとのこと!

(1ドル=147.46円 10/30時点)

円安怖っ...

https://www.fujirumors.com/rumor-fujifilm-x-t5-will-be-smaller-than-fujifilm-x-t4-vote-your-ideal-size/

https://www.fujirumors.com/breaking-fujifilm-x-t5-price-leaked/

 

デュアルSDカードスロットを採用するも、CFexpresには対応しない?

高速連写をする撮影スタイルの人には吉報だと思います。

ですが、すでにUHS-IIに対応しているので恩恵を実感できる人は少ないかもしれません。

でも、その数少ない層にもアプローチすることは非常にいいことだと思う!

 

CFecpressには対応しないとのこと。

8K動画には対応しないという噂もあり、「X-H2 / X-H2S」との棲み分けをハッキリさせようという目論見があるのかもしれませんね。

3方向チルト式モニタが採用?

「X-T3」の3方向チルトから「X-T4」のバリアングルに変更されましたが、「X-T5」では3方向チルトが復活するという噂が飛び込んできました。

X-Tシリーズでは3方向チルトを切望する声も多かったので歓迎されることでしょう。

万が一、バリアングルを使いたい人は「X-H2」があるので棲み分けをハッキリとさせる戦力みたいですね。

IBISを搭載しピクセルマルチショットに対応?

富士フイルム「X-Hシリーズ」との差別化のために、「X-T5」にはピクセルシフト機能を搭載しないのではないかと言われています。

しかし、「X-T5」にはピクセルシフト機能が搭載され、1億6000万画素で撮影することが可能になるとのこと。

ピクセルシフト機能にはセンサーシフト式手ぶれ補正(IBIS)を搭載していることを裏付けていることにもなるとのことです。

 

X-T5なんでもありのカメラに仕上がってますね!

https://www.fujirumors.com/fujifilm-x-t5-will-have-ibis-and-pixel-shift-for-160mp-images/

 

6K動画に対応しても、8K動画には対応しない?

「X-T5」は「X-H2」と同じ4000万画素センサーを搭載している。

「X-H2」は8K動画に対応しているが、「X-T5」は8K動画には対応していないようです。

ですが、「X-T5」にはを購入する人は、8K動画には興味がないので特に問題ないとも言われています。

 

「X-H2」との棲み分けがどんどん明確になっていきますね!